住んでよかった賃貸物件の例

日当たりの良い賃貸住宅

賃貸物件に住んで、失敗したと感じてしまう人も少なくありません。賃貸住宅を借りる時の決め手として、やはり家賃を最も重いものと考える傾向があります。とりあえず家賃の安いところに住もうとして、剰余のものの確認を怠ってしまった結果、住んでみて失敗したと考える人が増えてしまうわけです。 すなわち、家賃以外の部分にも目を向けて考えなければいけないということです。たとえば、日当たりはその家に暮らしていくうえでかなり重要な要素だったりします。逆に日当たりが少ない家に住んでしまうと、日中であっても日射しが入らず、ずっと暗いままであったりして、ちょっと気が滅入ってしまいがちです。日当たりの良い賃貸住宅に住むと、カビの原因となる湿気なども減らすことができ、日々を快適に過ごしていくことができるのです。


周辺環境が整っている住宅

住宅そのものよりも、住宅の周辺にどんな施設があるかというのは、快適な賃貸生活を送る上では欠かせない要素です。意外と見落とされがちなところでもあり、住んでみて不便をしたという人も少なくなかったりします。 たとえば、コンビニやスーパーとの距離です。すぐ近くにコンビニやスーパーがあるととても便利ですよね。車を持っていれば別ですが、持っていなければいろいろな不便があったりします。スーパーやコンビニが遠いところにあると、重い買い物袋を抱えながら長い道のりを帰ってくることになりますが、近ければその必要もありません。郵便局や役所が近くにあっても便利です。風邪を引いたときなどに近くに病院があると、一人暮らしの時は特にありがたいですね。